ハイドロキノンで美白習慣、使用前にはパンフレットを

ハイドロキノンは、メラニンを生成する酵素であるチロジナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素を生成する色素細胞(メラノサイト)を減少させる作用があります。
すなわち、シミの予防だけでなく、出来てしまったシミに対する効果が期待できるのが大きな特徴です。
メラニンは紫外線によって酸化がすすみ、シミが黒く濃くなりますが、ハイドロキノンによって酸化を還元することで、メラニンの色が薄くなります。
シミにはいろいろな種類のものがありますが、ハイドロキノンの効果があるのは、炎症後色素沈着、肝斑、そばかす、老人性色素斑です。
ただし、効果があるのは表皮のシミで、真皮まで達した色素沈着には効果が期待できません。
ハイドロキノンは、さまざまな化粧品に配合されています。
使用方法については、メーカーによって異なることがあるため、パンフレット等をよく読んで、正しく使いましょう。
日常の習慣に取り入れると、美白が実現できるでしょう。
化粧水の場合は、一般的な化粧品と同様に使いますが、メーカーによっては違う使い方をすることがありますので、注意が必要です。
美容液は、スポットタイプや顔全体にしみ込ませるタイプなど種類が豊富です。
期待したい効果に合わせた美容液を選ぶとよいでしょう。フェイスクリームもスポットタイプと顔全体に塗るタイプがあります。
スポットタイプは濃度が濃いので、塗りすぎのないように、注意して使いましょう。
この他にも、アイクリームやパック、コンシーラーなど、ハイドロキノンを配合したアイテムは数多くあります。
ハイドロキノンは強い作用があるので、使用前にはパッチテストを行ってください。
また、非常に酸化しやすく、酸化すると肌にダメージを与える物質になります。ハイドロキノン配合化粧品を使う場合には、紫外線対策を十分行いましょう。