ベストな洗顔クリームとハイドロキノンの組合せ

洗顔クリームを手に取る女性

加齢によってできたシミが、なかなか薄くならないと困っている女性は多いです。
毎日のスキンケアに、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された化粧品を使うことで、薄いシミであれば徐々に改善していきます。
しかし、頑固なシミの場合、皮膚科クリニックで治療を受けた方が安心です。
皮膚科クリニックで行われているシミの治療の中で、人気が高いのがハイドロキノンクリームを使った治療方法です。
ハイドロキノンは、ブルーベリーやイチゴなどにも含まれている物質です。
ハイドロキノンには、皮膚を紫外線のダメージから守る働きがあります。
ハイドロキノンには、メラニンを合成する酵素を阻害し、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。
アメリカでは、美白効果が早くから認められ、女優やモデルも美容のために使っています。
日本でも、なかなかシミが改善されない患者に対して処方され、効果を上げています。
ハイドロキノンは、強力な漂白作用がありますが、安全性は高いです。
ただ、ハイドロキノンクリームを使ってシミの治療を行っている間は、紫外線をしっかりと防ぐ必要があります。
短時間の外出であっても、日焼け止めを塗り、日傘や帽子で紫外線をブロックした方が安心です。
また、洗顔のときに使用する洗顔クリームも、刺激が少ない肌に優しい洗顔クリームを使った方がいいです。
最近は、保湿剤が配合された洗顔クリームが数多く販売されているので、その中から自分の肌に合ったものを選ぶことが大事です。
ハイドロキノンクリームを使っていると、最初のうちはピリピリとした刺激を感じることがあります。
しかし、ほとんどの人は、継続して使っているうちに症状が軽くなり、刺激を感じなくなってきます。